トップページ > データのバックアップ方法について > 自動バックアップ バッチファイル作成方法

データのバックアップ方法について

自動バックアップ バッチファイル作成方法

自動バックアップを行う為には、xcopyコマンドおよび、コピー元とコピー先を記述した、テキストファイルを作成し、拡張子を変更して、バッチファイルを生成します。その後、タスクに登録することにより、自動バックアップが可能になります。

想定しているシステム構成

パソコンに外付けハードディスクなどの、バックアップ先メディアを接続すると、マイコンピューターに自動的に登録されます。この際にドライブ文字(E:)などが割り当てられます。

このような外付けハードディスクを取り付けた状態で、自動バックアップを行うことを想定して説明をします。

パソコンに外付けハードディスクなどの、バックアップ先メディアを接続している様子を説明しているイメージ画像です。

バッチファイルを作る準備

バッチファイル作成準備の流れ
  1. マイドキュメントを開いてください。
  2. 上のタブにある「ツール」の中の「フォルダオプション」を開いてください。
  3. フォルダオプションの上のタブにある「表示」を開いてください。
  4. 詳細設定の中にある「全てのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れてください。
  5. 詳細設定の下の方にある「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外してください。
  6. 「OK」を押して閉じます。

    バッチファイル作成準備をするために開くフォルダオプションの画像です。
    フォルダオプション

このページの先頭へ

バッチファイルを作成する

XCOPYと言うコマンドを使って、ファイルをバックアップするための簡単なバッチファイルを作成します。

バッチファイル作成の流れ
  1. マイドキュメントを開いてください。
  2. バッチファイルを作成するために、マイドキュメントの中で新規テキストドキュメントを作成している様子の画像です。上のタブにある「ファイル」の中の「新規作成」メニューの「新規テキストドキュメント」をクリックしてください。
  3. 新規テキスト 「ドキュメント.txt」が作成されますので、ダブルクリックして開いてください。
  4. 「ドキュメント.txt」へバックアップが必要なフォルダの分だけ入力して保存

    (書き方)
    xcopy “バックアップ元” “バックアップ先” /D /S /E /H /C /Y /R

    (例)マイドキュメントとデスクトップのバックアップを外付けのHDD(Eドライブと仮定)へ取る場合
    xcopy "%USERPROFILE%\My Documents" "E:\My Documents\" /D /S /E /H /C /Y /R
    xcopy "%USERPROFILE%\デスクトップ" "E:\デスクトップ\" /D /S /E /H /C /Y /R

    これでマイドキュメントの中身が外付けHDDの中のMy Documentsフォルダに、デスクトップの中身が外付けHDDのデスクトップフォルダに保存されます。

    自動バックアップバッチファイルの入力例の画像です。
    自動バックアップバッチファイルの入力例

  5. 自動バックアップバッチファイルができた時に表示されるアイコン画像です。テキストファイルを保存したら、「新規テキスト ドキュメント.txt」のアイコンを右クリックし、「名前の変更」を選択して、「XXX.bat」(XXXは任意の文字列)と言う名前に変更してください。
    この例では、「自動バックアップ.bat」という名前にします。
  6. 「自動バックアップ.bat」をダブルクリックするとバックアップが始まります。
  • 【バッチファイルを作る準備】でご説明した拡張子の設定を元に戻しておいてください。誤って拡張子を変更すると、ファイルが開けなくなることがあります。(「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを付けてください)
  • 「[指定した保存先]は受け側のファイル名ですか、またはディレクトリ名ですか」と表示された場合「D」を押してください。(初回のみ)
  • 初めてバックアップを取る時は時間がかかる場合がありますが、次回以降は更新されたファイルのみバックアップするようになります。
  • 後日バックアップするフォルダを増やしたいときや変更したいときは名前の変更を行い、ファイル名の後ろの「.bat」を「.txt」に変更して修正してください。

このページの先頭へ

タスクに登録する(WindowsXPを想定)

指定した時間に自動でバックアップを取るように設定します。

タスクに登録する流れ
  1. スタートボタンを押します。
  2. すべてのプログラムから→「アクセサリ」「システムツール」と進み、「タスク」をクリックしてウィンドウを開きます。
  3. 「スケジュールされたタスクの追加」をダブルクリックします。
  4. 「次へ」をクリックすると実行するアプリケーションの選択の画面になりますので、「参照」をクリックし、マイドキュメントに作成した「自動バックアップ.bat」を選択し「次へ」をクリックします。

    タスクウィザードのアプリケーション選択画面です。
    アプリケーション選択画面

  5. バックアップを実行する間隔を選択し、「次へ」をクリックします。
  6. 実行する時間等を選択し、「次へ」をクリックします。

    タスクウィザードのバックアップ実行時間選択画面です。
    バックアップ実行時間選択画面

  7. ユーザー名とパスワードを求められますので入力して「次へ」をクリックください。(パスワードを設定していない場合はそのまま「次へ」をクリック)
  8. 「自動バックアップ.bat」が選択され、実行する間隔が合っていることを確認して、「完了」をクリックして自動バックアップの設定は完了です。

このページの先頭へ

バックアップを必要とするファイルの場所

一般的にバックアップが必要なファイルの保存先は下記の場所に保存されています。作成したバッチファイルに記述を追加することにより、自動バックアップが可能になります。
※ユーザー名はお客様が設定しているユーザー名となります。

バックアップを必要とするファイルの場所一覧
マイドキュメント
C:\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents
デスクトップ
C:\Documents and Settings\ユーザー名\デスクトップ
メール(OutlookExpressの場合)
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Identities
\{英数字}\Microsoft\Outlook Express
※英数字の部分はランダムになります。
アドレス帳(OutlookExpressの場合)
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Microsoft
\Address Book
メール(Outlookの場合(アドレス帳含む))
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook
お気に入り
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Favorites
各種アプリケーションデータ(住所録等)
使用ソフトウェアによって変動しますのでメーカーへお問い合わせください。

※一般的にバックアップが必要なファイルは以上ですが、ご使用の環境によっては保存先が変わっていることがありますので、ご注意ください。

このページの先頭へ

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム:蓄電システム.com

店舗案内

パソコン修理 出張・訪問
パソコン修理 持込み修理
パソコン修理 宅配便受付サービス
パソコン全データ移行サービス
最近多いパソコン修理・故障 こんな問題ご相談下さい

お役立ちリンク集

パソコン修理 対応OS一覧
Windows系
Windows7
Windows Vista
Windows XP
Windows 2000
Windows Me
Windows 98
Windows 95
Windows Server 2003
Windows 2000 Server
Windows NT Server
Mac系
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
Mac OS X 10.5 (Leopard)
Mac OS X 10.4 (Tiger)
Mac OS X 10.3 (Panther)
Mac OS X 10.2 (Jaguar)
Mac OS X 10.1 (Puma)
Mac OS X 10.0 (Cheetah)
Mac OS 9
Linux系
Redhat
Fedora
データ復旧 対応ハードディスク一覧
2.5インチIDE(ATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
2.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチIDE(ATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSCSIハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSASハードディスク(HDD)のデータ復旧
東芝型1.8インチハードディスク(HDD)のデータ復旧
日立型1.8インチハードディスク(HDD)のデータ復旧
外付け型ハードディスク(HDD)のデータ復旧
ネットワーク型ハードディスク(NAS)のデータ復旧

秋葉原の格安パソコン修理【オータムサポート】へのリンクバナーです。

ハードディスク(HDD)データ復旧・修復・復元サービスを定額制で承る【PCデータ復旧.JP】へのリンクバナーです。

オータムテクノロジー求人サイト:【オータムテクノロジー求人サイト】へのリンクバナーです。

ノートパソコン修理、ノートPC修理【ノートパソコン修理.com】へのリンクバナーです。

運営会社
株式会社オータムテクノロジー
TEL:0120-581-252
TEL:03-5812-3221
FAX:03-5812-3882
E-Mail:info@pc-repair.jp
URL:http://www.autumn-tec.co.jp

W3CのXHTML検証サービスページへのリンクバナーです。

W3CのCSS検証サービスページへのリンクバナーです。

このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)、XHTMLは、W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。

WCAG1.0検証サービスページへのリンクバナーです。

このホームページはW3Cのウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0に対応しております。