トップページ > データ復旧 対応ハードディスク一覧
> 3.5インチSASハードディスク(HDD)のデータ復旧

データ復旧 対応ハードディスク一覧

3.5インチSASハードディスク(HDD)のデータ復旧

主に使われている
パソコンの種類
3.5インチSASハードディスク(HDD)はSCSIの後継規格となりますので、新しいサーバ機に搭載されています。ハードディスクの全体量からすると流通量は少数です。
製造メーカー 旧Maxtor
Seagate
Hitachi
ハードディスクの特徴 3.5インチSASハードディスク(HDD)もSCSI同様の高速転送が可能ですが、他のパソコンで接続できるようなインターフェースが殆ど発売されていません。2.5インチSASのインターフェースと3.5インチSASのインターフェースも形状が異なり、互換性がありません。
ハードディスクの形状 3.5インチSASハードディスク(HDD)の写真です。
データ復旧の難易 弊社ではSASインターフェースをご準備しておりますので、データ復旧をご用命の際はご相談ください。
ハードディスク交換
(難易度ほか)
3.5インチSASハードディスク(HDD)もSCSIハードディスク同様、サーバ用途が殆どであるため、HDD交換は容易です。
その他
(寿命や欠点など)
3.5インチSASハードディスクがもっとも長寿命ですが、使用される用途が重要なサーバなどですから、バックアップ対策が必要です。他のインターフェースとまったく互換性が無く、対応機器が非常に少ないため障害対策を検討する必要があります。

このページの先頭へ

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム:蓄電システム.com

店舗案内

パソコン修理 出張・訪問
パソコン修理 持込み修理
パソコン修理 宅配便受付サービス
パソコン全データ移行サービス
最近多いパソコン修理・故障 こんな問題ご相談下さい

お役立ちリンク集

パソコン修理 対応OS一覧
Windows系
Windows7
Windows Vista
Windows XP
Windows 2000
Windows Me
Windows 98
Windows 95
Windows Server 2003
Windows 2000 Server
Windows NT Server
Mac系
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
Mac OS X 10.5 (Leopard)
Mac OS X 10.4 (Tiger)
Mac OS X 10.3 (Panther)
Mac OS X 10.2 (Jaguar)
Mac OS X 10.1 (Puma)
Mac OS X 10.0 (Cheetah)
Mac OS 9
Linux系
Redhat
Fedora
データ復旧 対応ハードディスク一覧
2.5インチIDE(ATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
2.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチIDE(ATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSCSIハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSASハードディスク(HDD)のデータ復旧
東芝型1.8インチハードディスク(HDD)のデータ復旧
日立型1.8インチハードディスク(HDD)のデータ復旧
外付け型ハードディスク(HDD)のデータ復旧
ネットワーク型ハードディスク(NAS)のデータ復旧

秋葉原の格安パソコン修理【オータムサポート】へのリンクバナーです。

ハードディスク(HDD)データ復旧・修復・復元サービスを定額制で承る【PCデータ復旧.JP】へのリンクバナーです。

オータムテクノロジー求人サイト:【オータムテクノロジー求人サイト】へのリンクバナーです。

ノートパソコン修理、ノートPC修理【ノートパソコン修理.com】へのリンクバナーです。

運営会社
株式会社オータムテクノロジー
TEL:0120-581-252
TEL:03-5812-3221
FAX:03-5812-3882
E-Mail:info@pc-repair.jp
URL:http://www.autumn-tec.co.jp

W3CのXHTML検証サービスページへのリンクバナーです。

W3CのCSS検証サービスページへのリンクバナーです。

このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)、XHTMLは、W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。

WCAG1.0検証サービスページへのリンクバナーです。

このホームページはW3Cのウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0に対応しております。