トップページ > 自分でできるパソコン修理・修復術 > エラーチェック・チェックディスクの起動方法

自分でできるパソコン修理・修復術

エラーチェック・チェックディスクの起動方法

パソコンが起動できない場合のエラーチェック、チェックディスクの実行方法は、いずれかの方法で実行を試みることが可能です。

※重要なデータが保存されているディスクにエラーチェック(チェックディスク)を使用する場合は、あらかじめデータのバックアップを取り、その後でエラーチェックを実行することを強く推奨します。

ハードディスク(HDD)の障害の度合いによっては、エラーチェックを実行することにより、状況を悪化させてしまう場合があります。

「エラーチェック(チェックディスク)」とは、(1)エラー箇所を見つけて、(2)修復するということを説明している画像です。

セーフモードでパソコンを起動する

  1. コンピューターの電源を入れてください。
  2. メーカーのロゴやBIOSの起動画面が出た後にF8 キーを押し続けてください。
  3. 起動メニューが表示されるので“セーフモード”を選びEnterキーを押してください。
  4. ローカルディスク(C:)を右クリックしてプロパティを選択するまでの一連の流れを説明しているイメージ画像です。セーフモード起動後、マイコンピュータを開いてください。
  5. Cドライブのエラーチェックを行なう場合は、ローカルディスク(C:)と表示されているアイコンにマウスのポインタを合わせ、右クリックをしてください。
  6. 表示されるメニューの中から、プロパティ(R)を左クリックしてください。
  7. ローカルディスク(C:)のプロパティというダイアログが開きます。全般・ツール・ハードウェア・・・と表示されており、ツールの部分を開くと、エラーチェック、最適化、バックアップの項目が表示されます。
  8. エラーチェックの項目の“チェックする“という部分をクリックすると、ディスクのチェックというダイアログが表示されます。
  9. ダイアログ内のチェックディスクのオプション2つにチェックを入れ、開始をクリックしてください。

    ローカルディスク(C:)のプロパティからツールを選択し、エラーチェックの項目から「チェックする」をクリックし、ダイアログ内のチェックディスクのオプションに2つチェックを入れ、開始をクリックするまでの一連の流れを説明しているイメージ画像です。
    表示されるダイアログ:ローカルディスク(C:)のプロパティとディスクのチェック

  10. Cドライブ(Windowsがインストールされているドライブ)にエラーチェックを行なう場合、エラーチェックがすぐに起動できず、パソコンを再起動した後にエラーチェックが起動する場合があります。

このページの先頭へ

エラーチェック(チェックディスク)でハードディスクのエラーを修復する

セーフモードが起動できない場合は、下記の手順でコマンド入力のWindowsを起動し、チェックディスクを起動できる場合があります。

  1. コンピューターの電源を入れてください。
  2. メーカーのロゴやBIOSの起動画面が出た後にF8 キーを押し続けてください。
  3. 起動メニューが表示されるので“セーフモードとコマンドプロンプト”を選びEnterキーを押してください。
  4. オペレーティングシステムの選択画面になった場合は、使用しているOSを選び、Enterキーを押してください。(通常はそのままEnterキーを押していただいて問題ありません)
  5. キーボードの選択画面になった場合は、半角/全角キーを押してください。
  6. コマンドプロンプトが起動します。
  7. キーボードで『chkdsk c: /f』と入力し、Enterキーを押してください。(Cドライブのチェックを行なう場合です)
    ※他のドライブのチェックを行なう場合はchkdskの後の『c』を行ないたいドライブの記号に変えてください

    Cドライブのチェックを行う場合のコマンドプロンプトへの入力例の画像です。
    Cドライブのチェックを行う場合のコマンドプロンプトへの入力例

  8. 以上の操作によりチェックディスクが実行され、ディスクにエラー等が発生していた場合は修正が行なわれます。
  9. チェックディスク実行後、パソコンを再起動する必要があります。キーボードで shutdown -r と入力するとパソコンが再起動します。

    パソコンを再起動する際のコマンドプロンプトへの入力例の画像です。
    パソコンを再起動する際のコマンドプロンプトへの入力例

このページの先頭へ

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム:蓄電システム.com

店舗案内

パソコン修理 出張・訪問
パソコン修理 持込み修理
パソコン修理 宅配便受付サービス
パソコン全データ移行サービス
最近多いパソコン修理・故障 こんな問題ご相談下さい

お役立ちリンク集

パソコン修理 対応OS一覧
Windows系
Windows7
Windows Vista
Windows XP
Windows 2000
Windows Me
Windows 98
Windows 95
Windows Server 2003
Windows 2000 Server
Windows NT Server
Mac系
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
Mac OS X 10.5 (Leopard)
Mac OS X 10.4 (Tiger)
Mac OS X 10.3 (Panther)
Mac OS X 10.2 (Jaguar)
Mac OS X 10.1 (Puma)
Mac OS X 10.0 (Cheetah)
Mac OS 9
Linux系
Redhat
Fedora
データ復旧 対応ハードディスク一覧
2.5インチIDE(ATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
2.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチIDE(ATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSCSIハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSASハードディスク(HDD)のデータ復旧
東芝型1.8インチハードディスク(HDD)のデータ復旧
日立型1.8インチハードディスク(HDD)のデータ復旧
外付け型ハードディスク(HDD)のデータ復旧
ネットワーク型ハードディスク(NAS)のデータ復旧

秋葉原の格安パソコン修理【オータムサポート】へのリンクバナーです。

ハードディスク(HDD)データ復旧・修復・復元サービスを定額制で承る【PCデータ復旧.JP】へのリンクバナーです。

オータムテクノロジー求人サイト:【オータムテクノロジー求人サイト】へのリンクバナーです。

ノートパソコン修理、ノートPC修理【ノートパソコン修理.com】へのリンクバナーです。

運営会社
株式会社オータムテクノロジー
TEL:0120-581-252
TEL:03-5812-3221
FAX:03-5812-3882
E-Mail:info@pc-repair.jp
URL:http://www.autumn-tec.co.jp

W3CのXHTML検証サービスページへのリンクバナーです。

W3CのCSS検証サービスページへのリンクバナーです。

このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)、XHTMLは、W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。

WCAG1.0検証サービスページへのリンクバナーです。

このホームページはW3Cのウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0に対応しております。