トップページ > パソコン修理 出張・訪問 > 最近多いパソコン修理・故障 こんな問題ご相談下さい

パソコン修理 出張・訪問

最近多いパソコン修理・故障 こんな問題ご相談下さい

1.突然パソコンが起動しなくなった

ほとんどの場合、ハードディスクの故障が原因です。
ハードディスクの寿命は概ね3年程度といわれています。
他、ウィルスが起因するものや、OSの起動情報を失くしてしまった場合にも起こります。

2.購入時よりもパソコンの動作が不安定(遅くなった)

一番考えられるのが、ウィルスまたはスパイウエアによるものです。
ウィルスがお客様のパソコンメーラーを使って、重要なデータを送信している可能性もあります。

ほか、後にインストールしたソフトウエアと、インストール済みのアプリケーションとの相性問題で起こることもあります。

3.無線ルーターの設定、暗号化

最近の無線ルーターでは、付属のCD-ROMから簡単にセットアップすることが可能になっています。
しかし、高機能なノートパソコンでは、無線LAN内蔵のものやインストール済みのソフトウエアで設定するように、あらかじめ決めてある場合が多いので、
これを解除する必要もありますので気をつける必要があります。

無線LANの暗号化についても、簡単にセッアップできるような仕組みがとられておりますが、
基本的にはプロに頼んだ方が無難でしょう。

4.ハードディスクデータの復元・復旧

起動しなくなったパソコンからのデータ取り出し作業です。
ハードディスク本体の故障の場合は、復元・復旧には莫大な費用を要するものですが、OSの起動情報にかかわる不具合である場合は、
ディスクを他のパソコンに読み込ませることで、復旧・復元することが可能な場合もあります。

5.パソコンのリカバリー

お使いのパソコンを購入時の状態に戻すことを言います。
長年使用するうちに、知らずにインストールしたソフトウエアが原因で、パソコンの不安定が生じることがあります。

このページの先頭へ

6.ネットワーク・LAN構築(ファイルサーバ構築)

複数台のパソコン環境の中、特定のパソコンのファイルを共有することによって、作業を効率的に進めることができます。
WindowsXPをお使いのパソコン同士であれば、通常はネットワークに知識がなくても設定か簡単になりました。

7.モニターの故障(グラフィックカードの故障・交換)

モニターの故障と断定して相談される方が最近増えています。
実際には、グラフィックカードの故障であることが多く、他にもBIOS設定値の初期化が原因で起こります。(内蔵電池切れ) これらの原因に行き着くまで相当の診断時間を要することになりますが、パソコン画面が出ないので、 緊急性の高いサポートのひとつになっています。

8.ウィルスの検疫・駆除

パソコンに感染するウィルスと呼ばれているものは、毎日新種が生まれております。
ですから、新種のウィルスを直ちに検査・検疫することは不可能であるというのが現状です。 だからと言って、やみくもに恐れる必要はなく、「送信元の判らない添付ファイルは開けない」「アダルトサイトには近づかない」といったことを守れば、新種のウィルスに感染することは余りありません。

重要なのは、普段お使いのパソコンの動作の不安定や、間違ってダウンロードしてしまったファイルがあった場合、必ずインストールしてあるソフトウエアでウィルスチェックをすることです。 駆除する際にも、間違った方法をとるとパソコン自体の重要なファイルも同時に削除してしまう可能性もありますので、十分な注意が必要です。

9.スパイウェアの検疫・駆除

スパイウエアとは、ウィルスほどの感染性は持ちませんが、パソコンに潜伏してパスワードデータの送信や、アドレス帳などのデータを盗み出します。感染源は、インターネットのホームページであることが多く、ほとんどの場合、感染に気づくことはありません。

パソコンに顧客データ等の個人情報や、プライバシーにかかわる重要データを保管していた場合、企業イメージのダウンどころでは済みませんので、早急の対策が必要になります。

10.メールアカウントの設定

引越しやプロパイダの変更により、これまで使っていたメールの設定方法がわからないといったお問合せがほとんどです。
プロパイダ各社は、独自の設定方法を取り入れている場合が多く、 複数台のネットワーク環境でお使いの場合は高度なネットワーク知識を必要とします。 ほか、サポートデスクへの電話もつながらないといったことも多く、弊社では多いサポートのひとつです。

このページの先頭へ

11.OSの再インストール

ウィルスが原因という特定ができないようなパソコンの動作不安定でも、OSの再インストールが必要な場合があります。使用頻度の低いシステムファイルに欠損が生じたり、それらを間違って削除してしまった場合など、誤動作やフリーズ状態を多く出現させます。

長年使用してきたパソコンのメンテナンスと考えて、ハードディスク自体も新しいものに取り替えて、OSを再インストールすることにより、購入時の快適な環境を取り戻すことができます。

12.自作パソコンの修理・相談

パソコンの自作というのは、雑誌等に紹介されているような「誰でも簡単に」できるものではありません。そもそも、パソコンのパーツ構成では、各パーツ間の相性問題という難関があり、自作機の場合、トラブルのほとんどが相性問題であることが多いようです。

13.デジカメデータの編集・印刷

一段とカメラのデジタル化が進む中で、「編集方法がわからない」「思うように印刷できない」といったお問合せがあります。
基本的に、ソフトウエアの取扱い方法は販売会社に問合せて頂くのですが、サポートデスクへの電話がつながらないために依頼してくるお客様が多いようです。特別なソフトウエアでない限り、編集方法の指導や印刷設定は弊社のサポート作業に範囲となります。

14.メールデータの復元・復旧

アウトルック(Out Look)、アウトルックエクスプレス(Outlook Express)などのメールデータの復元・復旧は基本的に不可能です。 一度削除したデータを「ゴミ箱」に入れた場合は、「元に戻す」という作業で復元できますが、完全削除したデータというものは、データの所在情報までも消去することになり、復元不能とお考え下さい。

最近では、復元ソフトが市販されておりますが、復元・復旧を保証しているわけではありません。 また、市販ソフトを使用することにより、復元できるはずだったデータを完全に失うこともありますので、 診断段階からプロに任せる方が正しい選択です。

15.アドレス帳の復元

メールソフトと一体になっているアドレス帳の場合、Windows xpの機能である「システムの復元」で戻ることがあります。 しかし、これも意図して削除したものなのか、システムの誤動作で喪失したものなのかで異なります。 ほとんどの場合は意図していない喪失であり、クラスタエラーの場合は物理データ自体が壊れていて復元は不可能となります。

このページの先頭へ

16.パソコンデータのバックアップ

本来、パソコン内の保存データというものは、物理的な「もの」ではなく論理的な電気信号の集まりですので、パソコンのハードディスクが壊れれば復元はできません。ですから、重要なデータは必ずその他の媒体にバックアップを取ることが求められます。 日々の煩雑な仕事環境では、データのバックアップ作業をする時間すらないという方々も多いようです。

日常、企業ではバックアップ専用のパソコンを用意して、その日の決まった時間に「自動的に」バックアップして保管します。ファイルサーバと呼ばれることもありますが、その使途は微妙に異なります。 バックアップのプログラムをクライアントPCに組み込むだけですので、思ったより簡単にデータのバックアップは可能なのです。

17.ハードディスクドライブの交換・増設

通常、パソコン内のHDD(ハードディスクライブ)の寿命は3年程度といわれています。ハードディスクから異音が発生している場合は、すぐに重要なデータを別の媒体に保存してください。 ほとんどの場合、異音発生から数分、良くても数日でハードディスクは寿命を迎えます。 増設の場合でも、3年程度を目安にして同時に新品のものと交換すること勧めます。

HDDの増設・交換時の注意点は、古いパソコンの場合大容量のHDDを使えないことや、 シリアルATAといった新しい規格のHDDが売られているという点です。 これら作業にはOSの再インストール作業も含まれますので、やはりプロに任せた方が無難です。

18.メモリの増設

パソコンのメモリの役割はさまざまですが、単にメモリ容量を増やせばパソコンの動作が速くなるというわけではありません。マザーボードの規格やお使いのCPUによって、多種多用のメモリが存在します。 古くなったパソコンにメモリを増設するよりも、数万円上乗せするだけで新品の快適なパソコンを手に入れた方がお得な場合が多いようです。

19.インターネットの接続設定

インターネットの接続方法は、契約プロパイダーの依存する点が多く、 プロの業者でも戸惑うことが多いものです。 たとえば、ケーブルテレビ(ケーブルモデム)を使用の場合、固有のIPアドレスが割り振られています。(そうでないこともあります)この場合は、ネットワーク設定を厳密に行う必要があります。

20.ソフトウエアのインストール

ソフトウエアのインストールがうまくいかないことがあります。
ほとんどの場合、古いOS(Windows95、98、Meなど)では動作しないと表示があるのに、 間違って購入してしまうようです。 他にも、パソコンのマザーボードやネットワークカード、他のアプリケーションとの相性問題で動作しないこともあります。

このページの先頭へ

21.データのバックアップ

仕事でお使いのパソコンデータのバックアップがないというのは、とても考えられるものではありません。 一番簡単なバックアップ方法は、外付けのハードディスクにバックアップするものです。 簡単なプログラムにより定期的にバックアップできるので、 万一の物理的なハードディスクの故障でも慌てることはありません。

22.メールデータのバックアップ

ショッピングサイトの運営者様等では、メールデータのみが受注関係の履歴情報であり、 お客様との契約関係の唯一の証拠でもあります。保存データの中でも、重要データのひとつでしょう。 メールデータについても、上記と同じように物理的に分けられたハードディスクに保存するようにしてください。

23.アドレス帳のバックアップ

パソコンのアドレス帳にしか顧客情報を保存していないというもの問題です。 万一のハードディスクの故障・障害で、あっという間に保存データは雲散霧消してしまいます。 メール情報は、決まったフォルダに保存されていますので、 これについても定期的なバックアップは必要です。 設定情報もバックアップできますので、パソコンの買い替え時などに、いちいち設定する必要はありません。

24.プリンターの印刷・設定

プリンターの多機能化により、各設定方法も複雑化の傾向にあります。 古いパソコンの場合、プリンタードライバーが適合せず動作しないこともあります。 通常は、プリンターメーカーのダウロードサイトに適合しないパソコンや、 相性問題で不適合である旨の表示があります。

25.添付ファイルの表示設定

WindowsXPでは、ウィルス対策上の問題でデフォルト設定が「添付ファイルを開けない」となっております。 アウトルックエクスプレスの場合は、ツールメニューからオプションを選択して、 セキュリティタブの中で設定変更を行ってください。

このページの先頭へ

26.ブラウザのセキュリティ設定(プライバシー設定)

家族で1台のパソコンを共有してお使いの環境で、インターネットエクスプローラー(IE)では、 アカウントごとにセキュリティの設定や、Cookieなどプライバシーにかかわる設定を行うことができます。 特に、小中学生のお子さんに対する「アダルト」「暴力」等のWebサイトの閲覧制限をすることも 可能になっています。

27.ブラウザソフトの設定

Windows環境でお使いのパソコンの場合、 ほとんどの方が「インターネットエクスプローラー」(IE)をお使いでしょう。 ネットバンキングやネットワークゲーム、ほかメッセンジャーサービスなど使用するに当たり、 特別な設定が必要になることがあります。

ほかFireFox、Netscape環境では、使用できないサービスが多いことも知る必要があります。

28.メモリの交換

メモリの交換には細心の注意が必要です。 メモリには多種多様の製品があり、初めての方にはお勧めできません。 最近のパソコン(マザーボード)では、同容量のメモリを指定のソケットに挿入するようにもなっております。

特にノートパソコンのメモリ交換・増設は、メーカーサポート以外では期間保証も消滅します。

29.CD-ROMドライブの交換・増設

CD-ROMドライブを最新のDVD-RAM 等に交換する場合は、お使いのパソコンとの相性問題や、 マザーボードとの互換性などを十分に調査する必要があります。 バルク品と呼ばれている比較的安価な製品では、ドライバーが付属していないなど、 交換にそれなりの知識が必要になります。

自信のない方は正規製品を、相性問題等を含めてお店の人によく聞いてから購入してください。

30.ファイアーウォール設定(セキュリティソフト設定)

一般的にファイアーウォールと呼ばれているのは、 セキュリティソフトまたはウィルスソフトとして販売されているものに過ぎません。 通常、ファイアーウォールの構築は、ルーターのWAN側に手動で設定するものであり、 一般の方々が設定できるものではありません。

これらセキュリティソフトのインストールは誰でも可能ですが、デフォルト値の設定では、アプリケーションごとの設定が必要な場合が多く、弊社における出張サポート事例でも、非常に多いサポートになっております。 あまりにも強力なセキュリティ設定では、インターネットの閲覧すらできなくなることもあります。

このページの先頭へ

31.モニターの交換

モニター交換の際の注意点は、モニター端子の形状です。 古いパソコンでは、デジタル端子はなく、ほとんどの場合アナログ端子のみとなります。 特に、パソコンメーカーによっては、メーカーの独特な端子を使っているものもあり、 この場合は、メーカー指定のモニターだけしか使うことはできません。

しかし、秋葉原などでは特殊端子の変換アダプターを売っている場合もあります。

32.プリンターサーバ設定

ローカルプリンターをネットワークプリンターとして使用するためのサーバー設定です。 サーバといっても数千円程度で買えるもので、 廉価なローカルプリンターを高価なネットワークプリンターに仕立てて利用することができます。

33.ネットワークプリンター設定

ネットワークプリンターは、プリンタ自身が独立したIPアドレスを持つもので、 クライアントパソコンにぶら下げる形の、ローカルプリンターとは全く仕様が異なります。 プリンターメーカーによって、さまざまな通信方法をとっており、異なったOSの混在するネットワーク環境において、複数台を同時に設定する場合はドライバも違いますので注意が必要です。

34.ビデオカード・グラフィックボードの交換

通常、市販されているパソコンのグラフィックボードは「オンボード」といって、 マザーボードと一体になっているものがほとんどです。 もし、オンボードのグラフィックボードが故障した場合は、 別途グラフィックボードを取り付けるか、もしくはマザーボードごと交換することになります。

交換する前に、本当にグラフィックボードの物理的故障であるのか、 モニターほか接続コネクターが原因であるのかをきちんと検証する必要があります。

35.DVDドライブの増設・交換

古いパソコンに搭載されているCD-ROMドライブをCD-RWドライブやDVD-RAM等のドライブに変更する際には、マザーボードやOSとの対応機器であるか否かに留意する必要があります。

また、対応機器であってもBIOS(バイオス)のアップデートが必要である場合が多く、 ドライブの交換作業は難関であると思ったほうがいいでしょう。

このページの先頭へ

36.ルーターの設定

インターネットの常時接続が当たり前の時代到来で、 ルーター(モデム内蔵ルーター)に関する相談が増えております。 ほとんどの場合、さっきまで使用していたものが、突然つながらなくなったというものですが、 ほとんどの場合、ルーターの再起動により修復できるようです。 ルーターの電源アダプタを抜いて、10秒ほどしてから差し込みなおしてください。

ほか特殊なルーターの設定としては、自宅や玄関に設置したネットワークカメラの映像を、 外部から見る場合の「ルーティング」(NAT変換)、セキュリティ設定(ファイアーウォール)のための通信ポートの遮断などで行うことがあります。

37.パソコンの故障診断

パソコンが起動しなかったり、ハードディスクから異音が発生したり、はたまたインターネットにつながらないなど、パソコン環境にかかわるトラブル原因は多種多様にわたります。 素人があれこれ時間をかけて調査することは、時間の無駄ばかりでなく、 いつ修復できるともわからない無為な作業を積み重ねること以外に何も得はありません。

まずは、弊社の電話無料診断【0120-581-252(フリーダイヤル:一般電話の方はこちらから) 03-5812-3221(携帯電話の方はこちらから)】までご連絡ください。

38.ハブの設置・増設

すでにネットワーク環境が整い、パソコンの増設によりLANポートが不足してしまった場合は、 ハブを増設して補うことが可能です。 お使いのインターネット環境(プロパイダ環境)により、 ハブの増設だけでは複数台のパソコンで使用できない場合がありますので注意が必要です。 ルーターを介さないハブの増設だけの環境では、パソコンごとにIPアドレスを指定しなければなりません。

39.ノートパソコンの修理・故障

ノートパソコンの修理に関しては、保障期間中のものはメーカー修理が必須です。 狭小なスペースに各パーツを押し込んで作られているために、 メモリーの増設だけでも、タワー型パソコンの2倍以上の作業時間を要することがあります。

保障期間中に、お客様自身がノートパソコンを開封した場合、 保証適用がなされなくなることがありますので注意が必要です。

このページの先頭へ

40.BIOS(バイオス)の設定・初期化

BIOS(バイオス)とは、 オペレーションシステム(OS)やハードウエアを動作させるためのシステムプログラムです。 ハードウエアを増設したり、OSをバージョンアップした場合に、 それらBIOS情報を書き換える必要となることがあります。

少し前のパソコンでは、 リカバリー時にブート順位を変えてあげなければCD-ROMから起動しないことがあります。 また、BIOS情報は、マザーボード付属のボタン電池で保持されており、電池切れにより初期化してしまい、バージョンアップしたパソコンが起動しなくなるといった障害が発生します。

41.ホームページの作り方

弊社ホームページをご覧ください。(オータムテクノロジー:http://www.autumn-tec.co.jp/

42.パソコンの購入・購入代行

パソコンには用途により正しい選び方があります。 業務用途で24時間365日起動している必要がある場合は、 ワークステーションと呼ばれる電源の耐久性の優れたものを選ぶ必要があります。 ハードディスドライブ(HDD)に関しても、高耐久性であればSCSI(スカジー)が無難です。

弊社では、パソコン購入に関するコンサルティングを出張サポートの残余時間に行っていますので、 お気軽にご相談ください。 パーツの購入についても、秋葉原価格にて買い物代行できますので、是非ご用命ください。

43.HDDデータの移管(引越し)

HDD(ハードディスクドライブ)のデータ移管(引越し)は、現在お使いのパソコンから、新しく購入したパソコンにデータ移管(引越し)をする作業です。 正常に動作しているパソコンから移管(引越し)は、当然可能ですが、システムエラーなどにより、起動しなくなってしまったパソコンからもデータを移管(引越し)することが可能な場合があります。

44.メールデータの移管(引越し)

メールデータの移管(引越し)は、CドライブのDocument and Setting以下の、ユーザー名のフォルダの中に保存されていて、メールデータを移管(引越し)する場合は、古いパソコンの、ユーザー名のフォルダから取り出して、新しいパソコンの同じく、該当場所にコピーします。

操作は意外に複雑です。現実には、メールデータがどこに入っているか、知らずに使われている方が、多数をいらっしゃいますので、ユーザー名のフォルダは、きちんとバックアップをしてください。

このページの先頭へ

家庭用の小規模蓄電システム・非常用電源システム・ソーラーパネルで発電する自然エネルギー蓄電システム:蓄電システム.com

店舗案内

パソコン修理 出張・訪問
パソコン修理 持込み修理
パソコン修理 宅配便受付サービス
パソコン全データ移行サービス
最近多いパソコン修理・故障 こんな問題ご相談下さい

お役立ちリンク集

パソコン修理 対応OS一覧
Windows系
Windows7
Windows Vista
Windows XP
Windows 2000
Windows Me
Windows 98
Windows 95
Windows Server 2003
Windows 2000 Server
Windows NT Server
Mac系
Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
Mac OS X 10.5 (Leopard)
Mac OS X 10.4 (Tiger)
Mac OS X 10.3 (Panther)
Mac OS X 10.2 (Jaguar)
Mac OS X 10.1 (Puma)
Mac OS X 10.0 (Cheetah)
Mac OS 9
Linux系
Redhat
Fedora
データ復旧 対応ハードディスク一覧
2.5インチIDE(ATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
2.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチIDE(ATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSATA(シリアルATA)ハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSCSIハードディスク(HDD)のデータ復旧
3.5インチSASハードディスク(HDD)のデータ復旧
東芝型1.8インチハードディスク(HDD)のデータ復旧
日立型1.8インチハードディスク(HDD)のデータ復旧
外付け型ハードディスク(HDD)のデータ復旧
ネットワーク型ハードディスク(NAS)のデータ復旧

秋葉原の格安パソコン修理【オータムサポート】へのリンクバナーです。

ハードディスク(HDD)データ復旧・修復・復元サービスを定額制で承る【PCデータ復旧.JP】へのリンクバナーです。

オータムテクノロジー求人サイト:【オータムテクノロジー求人サイト】へのリンクバナーです。

ノートパソコン修理、ノートPC修理【ノートパソコン修理.com】へのリンクバナーです。

運営会社
株式会社オータムテクノロジー
TEL:0120-581-252
TEL:03-5812-3221
FAX:03-5812-3882
E-Mail:info@pc-repair.jp
URL:http://www.autumn-tec.co.jp

W3CのXHTML検証サービスページへのリンクバナーです。

W3CのCSS検証サービスページへのリンクバナーです。

このホームページで使用されているCSS(スタイルシート)、XHTMLは、W3Cにより、正しい文法で書かれていることが検証されています。

WCAG1.0検証サービスページへのリンクバナーです。

このホームページはW3Cのウェブコンテンツ・アクセシビリティ・ガイドライン1.0に対応しております。